焙煎で決まる激馬コーヒー豆を通販で探そう!

2013-05-16

日本のカフェブーム スターバックスは、不慣れな発注プロセスにもかかわらず、日本で第1号店をオープンした新しいコーヒーショップは、居心地の良い「第三の空間」を探している若者の間で人気となった。
過去10年間の間に、豊富な資金カのスターバックスは、主要都市でをカバーするために十分に拡大しており、主要都市の地区で3階建ての店舗をみることも珍しくない経済省の報告によると、日本のコーヒーショップの数は過去10年で、コー??ヒーショップの売上が60%増加したとされている。
日本のスペシャルティコーヒー 高品質の関心の高まりの徴候である可能性が最近感じられる。
日本のスペシャルティコーヒーという言葉をしばし、耳にすることが増えてきました。
独立したコーヒーロースター関係のコーヒーを通じて日本のスペシャルティコーヒー文化を広げるためにイベントや講座も増えているようです。
職人のコーヒーショップ 職人のコーヒーショップを探索することをお勧めします。
東京にも有名なバリスタによって運営されているカフェも多く、焙煎から抽出までこだわりぬいたコーヒーショップがあります。
コーヒーの味は、実は一次的にコーヒーを炒めることで決定する。
どのような炒め方によってはコーヒーの味は天地の差となる。
コーヒー焙煎は、専門バリスタさえ難しくするプロセスである。
もちろん専門ロースター(ロストマスター)という職人が焙煎を行っている。
「コーヒー焙煎なら私の知ったことではないのに」と思うだろう。
しかし、コーヒー焙煎コーヒーの味を左右する最も重要な過程であれば、話は違ってくる。
グリーンコーヒー(生豆)の特性を、最初に知っておくべき、グリーンコーヒーを各特性に合わせて炒め最高のコーヒーを作り出すコーヒーの専門家を別名「ロストマスター」という。
酸味と甘味が強いアラビカ種と香ばしさと苦味が強いロブスタ種を比較して教えてくれる。
コーヒーは80カ国で生産され、品種はアラビカ種70%以上を占めている。
ロブスタ種はブラシリュブリャナコーヒーに主に使用される。
ブラシリュブリャナコーヒーは私たちがよくミックスコーヒーというインスタントコーヒーをいう。
ロブスタ種は病虫害に強い代わりにアラビカ種で感じることができるコクが少なく、さっぱり苦味が強い。
質的にアラビカには劣る。
だからミックスコーヒーはそんなに良いコーヒーがないということだ。
しかし、最近では、アラビカ種を使用することミックスコーヒーの広告が登場するのを見ると、いくつかのミックスコーヒーもアラビカで製造されるということを知ることができる。
グリーンコーヒー(生豆)は商業的にブラジル、マイルドとロブスタに分類する。
マイルド系は再びエチオピア系とチピカ系、バーボン系に分類される。
香りとボディ感、味が良いのがマイルド系の特徴である。
ブジルギェは枝で生産されて爽やかな酸味と量質感が特徴である。
生豆は、炭水化物やカフェイン、遊離アミノ酸、タンパク質、クロロゲン酸を主成分とする。
コーヒーの味を決定する焙煎生豆の主成分である炭水化物、脂肪、タンパク質は焙煎プロセスを介して、適切な香味を私にされるが、どのように炒めかによって、その配合が変わって、他の味を出すようになる。
生豆に熱をため、いくつかの成分は、より多くなっていくつかの成分は、弱くなったり消えたりする。
生豆に熱を加えてコーヒーが持っている成分を変化させる過程がまさに「コーヒー炒める」だ。
コーヒー炒めるは、温度と時間という因子を適切に配合して炒めもを決定する。
炒め度に応じて色と風味が変わる。
焙煎コーヒー豆に熱を加えて行われる変化を見てカロリーと空気の流れなどを調節しながら目的の適切な色に到達すると、排出するプロセスである。



緑に近かった生豆が熱をするので、茶色に変わるが、その変化の程度に応じて、約炒め、中炒め、川炒めを決定する。
多く炒めるほど濃い茶色に変わる。
炒めるほど酸味が強く、軽く炒めほど苦味が強い。
香りの化学的変化、水分の蒸発、ガスの噴出、体積の増加などの物理的変化を観察したい味を創出する作業が焙煎の技術である。
ロースターは熱の伝達経路に沿って直火式、熱風式に分けられる。
生豆は焙煎の過程でグルコースとグリシンの成分が変わって茶色に変わってメルラノイディンを形成する。
フランスの化学者マイヤールが発見したとしてマイヤール反応とする。
褐変反応に加えて、熱分解、加水分解、カラメル化、炭水化物やアミノ酸、タンパク質、トリゴネルリンなどの変化にコーヒーの独特の味が形成される。
炒め度に応じて最も低い程度の光で開始して、シナモン、ミディアム、ハイ、シティ、フルシティ、フレンチ、イタリアン、トキスィに分けられる。
ライト側に行くほど酸味が、トキスィに行くほど苦味が強い。
一度、本物のコーヒー豆を通販で購入してみるのも楽しい。






posted in コーヒー豆通販カテゴリ一覧 by Wilson Cham

Follow comments via the | コメントする |

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org