子供の頃から英語の学習をオススメしますよ!

2012-09-26

成人になって英語を勉強する人は、英語にさらされている絶対時間が足りない。 何でも最高ためには、1万時間を投資しなければならないという「1万時間の法則」というのがある。 毎日一日に10時間ずつ投資すれば1年に約3千6百時間、約3年程度で約1万時間に達する。 英語に対してこの法則を適用して「1万時間を投資すれば、ネイティブスピーカーレベルになる」と仮定すると、毎日10時間ずつ英語をすると、3年ほどで到達可能なわけだ。 ところが、大人としての仕事があり、社会生活がある人が一日に10時間ずつ英語を勉強することができますか? ほとんどの場合、せいぜい1?2時間くらいでしょう。 一日一時間であれば1万時間になるには30年かかり、二時間であれば15年かかる。 新年の目標に英語の勉強を一日に1?2時間も毎日欠かさずすることはほとんど不可能である。 夜勤に抜けて、飲み会をキャンセルし、...このような場合、 最終的には30年かかっても1万時間どころか1千時間の確保も難しいのが事実である。 それでは、どのようにすればいいのでしょうか? 決心をしなければならない"勉強"ではなく、英語で行うことができる「活動」を作成し、それを楽しむべきである。 本を読 ??んでも、チャットをしても、友人を作りでも、何年もの間、着実に楽しくすることができる何かがなければならないのです。 楽しくなければ長期間着実にすることができる。意志力だけに依存してしたくない。 勉強を無理になら持続するのが非常に大変で、おそらく成果もほとんどないでしょう。 書店に行けば数多くの英語の勉強の方法論の本がありますが、それぞれ別の方法が書いてあります。ある意味では、すべて当たっていて、すべての間違っています。 英語の学習には王道がない。よくある話題で、 すべての人がそれぞれバラバラ自分に合った方法で英語を身につけ学んだものであり、人ごとに適した方法は、すべて異なるといわれています。 したがって、自分に合った方法を見つける必要があります。 私は楽しく長く続けできる方法であれば、それは私には最良の方法であるし。 そして、それを生涯の趣味と考えて楽しめばいいと考えています。

posted in 子供英語カテゴリ一覧 by Wilson Cham

Follow comments via the | コメントする |

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org