自賠責保険と任意のバイク保険

2010-05-04

バイク保険には、2種類のバイク保険があるのだそうです。

2種類のバイク保険とは、自賠責保険と任意のバイク保険です。

自賠責保険は、法律で定められた強制保険になるので、公道を走る原付やバイクを含む全ての自動車に加入が義務付けられています。

一方、任意のバイク保険とは、その名前の通り、加入が任意となっているバイク保険です。

任意のバイク保険は、自賠責保険だけでは補いきれない部分を補うための保険となっています。

バイク保険の自賠責保険は、被害者保護という観点から法律で定められているのだそうです。

バイク保険の自賠責保険の大きな特徴は、被害者に対する補償のみで、他人の物に損害を与えた場合の補償はありません。

この点が任意のバイク保険との大きな違いになります。

バイク保険の自賠責保険は、死亡に対する保険金は3000万円までとなっており、この保険金額は、被害者1人に対する金額になります。

被害者が複数いる場合は、被害者それぞれに限度額までは支払われるのだそうです。

任意のバイク保険は、各保険会社によって補償額や補償の範囲が異なる場合がありますが、一般的には、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険者傷害保険、搭乗者傷害保険の5つの基本保険がセットで販売されていることが多いのだそうです。

任意のバイク保険で対物賠償は無制限にしているという人が多いのだそうですが、1000万円でも十分にカバーできるのではないかとも言われているのだそうです。

任意のバイク保険に加入するときには、必要なものを十分に考えてから加入するようにしましょう。

posted in バイク保険カテゴリ一覧 by Wilson Cham

Follow comments via the | コメントする |

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org